AGAに悩む人必見!AGA治療方法まとめ

AGAは男性型脱毛症と言い、20代以上の男性が発症しやすい脱毛症です。AGAを発症している男性は全国で1300万人ほどいると言われており、成人男性の約3人に1人が悩んでいると言われています。症状としては額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってきます。AGAの原因は一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が挙げられます。

AGAの発症原因として一番有力な説が男性ホルモンによる影響と言われています。AGAは髪の毛の正常な成長周期が崩れ成長途中の髪の毛が早期に脱毛してしまう脱毛症です。この成長周期が崩してしまう原因物質がジヒドロテストテロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。このDHTは毛髪に栄養を送る作用を妨害するため、毛乳頭周囲への血流が低下してしまい十分な栄養を確保できなかった毛は中途半端な成長で止まったり、すぐに抜け落ちてしまう髪になってしまいます。これにより、AGAを発症してしまうのです。また、男性ホルモン以外にも食生活の欧米化やストレス、加齢、生活習慣等さまざまな要因も関係していると考えられています。AGAに悩んでいる男性は年々増加傾向にあり治療の方法も多様化してきました。そのため、AGAの治療法にはさまざまな方法があります。治療方法としては治療薬を服用する方法、メソセラピー療法、HARG療法、自毛植毛が挙げられます。

治療薬は発毛や育毛を促す飲み薬を服用したり、外用薬を頭皮に塗布する方法があります。代表的な治療薬にはプロペシアをいう内服薬やミノキシジルという外用薬が挙げられます。プロペシアにはフィナステリドという成分が配合されており、この成分が原因物質であるDHTの働きを抑制します。ミノキシジルを頭皮に塗布する事によって頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与え毛髪を促す効果があります。
参考サイト:AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

メソセラピー療法とは美容技術を応用したAGA治療方法です。AGA治療に効果のあるフィナステリドやミノキシジルを頭皮に直接注射して治療を行います。治療薬を内服して使用するよりも直接注射することによって有効成分が薄まることなく頭皮に進行するため、高い発毛・育毛効果が期待できます。頭皮に中やすると痛みがあると思いがちですが、外科手術でも使用される麻酔を使用するため痛みを緩和する施術法や注射針を使用しないノーニードル法という施術法で痛みを伴うことなく施術を受けることができます。

HARG療法は毛髪再生に必要な成長因子と有効成分を頭皮に注入する方法です。どのような種類の細胞にでも変化できる「幹細胞」から抽出した「細胞成長因子」と呼ばれるタンパク質と発毛を促す各種ビタミンやアミノ酸などの栄養素を成分とした「HARGカクテル」と呼ばれる有効成分を患部に直接注入する事によって発毛や育毛の効果が得られます。HARG療法での発毛率は90%を超えており、副作用もない治療方法なので安心して受けられる治療方法となります。この方法も麻酔を行い施術し、さらに髪の毛夜も細いtyy社針を浅く頭皮に差し込みHARGカクテルと成長因子を注入します。麻酔をするので施術中の痛みはなく、施術を行った後も痛みを感じる事はまずありません。

自毛植毛は患者自身の髪の毛を移植する治療法となります。自分の後頭部や側頭部などAGAの影響を受けにくい部位の髪の毛を手術によって薄毛部分に移植します。自毛植毛は自毛を使用するため副作用が少ない治療方法となります。手術後に頭皮の腫れや頭痛、にじむような出血が起こることもありますが2~3ヶ月ほどで回復するので心配はいりません。さらに、植毛後に一時的な脱毛が発生する場合もありますが、これは新しい髪の毛が生え換わる為のプロセスなので、しばらく経てば新しい髪の毛が生えるようになります。

AGAの治療方法はさまざまですが、料金も大きく異なります。4つの治療方法の中で一番安価なのが治療薬を用いいて行う治療法です。専門の治療を行う病院で処方してもらう場合月に1万円から3万円ほどかかります。治療薬を個人輸入するとさらに安く治療を行う事ができます。メソセラピー療法の治療の費用としては施術する施設によって異なりますが、1回数万円から10万円以下となり、これを数回続けます。そのため、半年間で50万程かかるクリニックもあります。HARG療法は長期にわたる治療法となります。そのため、費用も高額です。費用の例としては初期の1クールが120万円となり年1回の治療が18万円となります。長期コストは5年間となるので初期費用120万と年1回の治療18万円を4回行うので合計192万円で治療を行います。自毛植毛の費用は髪の毛1株にかかる費用は1000円程度と言われています。前頭部の狭い範囲に植毛する場合は30万円から50万円ほどかかり、頭頂部の広い範囲になると数百万円の費用が必要となると考えられます。費用はクリニックによって大きく異なるのでAGAの治療を行う場合は費用や治療方法を良く吟味して行う事が必要です。

たまに言われることで…。

いくら値の張る育毛シャンプーや育毛剤を使用しても、睡眠の内容が悪いと、髪にちょうどいい環境になることは困難です。何と言いましても、各自の睡眠を見つめ直すことが大切になります。
現段階では、はげの不安がない方は、将来を見据えて!ずっと前からはげが進行している方は、それより劣悪状態にならないように!更に言うならはげから解放されるように!本日からはげ対策をスタートさせるべきです。
絶対とは言えませんが、早いと半年のAGA治療実施により、頭の毛に違いが生まれ、これ以外にもAGA治療を3年やり続けた方の大概が、それ以上の進展がなくなったとのことです。
なぜだか軽視しがちなのが、睡眠と運動ではないでしょうか。外側から毛髪に育毛対策をするのは当然として、身体の中からも育毛対策をして、結果に結び付けることが要されます。
正直申し上げて、AGAは進行性の病態なので、何らかのケアをしなければ、頭の毛の数量は着実に少なくなって、うす毛または抜け毛が非常に人目を引くようになるはずです。

ダイエットと変わることなく、育毛も長期間行うことが大事になってきます。効果を得るためには、育毛対策に取り掛かるなら、直ぐに行動に移してください。やがて50代というような方でも、諦めなければならないなどということは考える必要がありません。
はげてしまう原因とか治療に向けた行程は、それぞれで別々になります。育毛剤についても当て嵌まり、同商品を使用したとしても、効く方・効かない方に類別されます。
意識しておいてほしいのは、個々に最適な成分を見つけ出して、早い時期に治療を実施することだと断言します。デマに影響されることなく、結果が出そうな育毛剤は、活用してみることが大切です。
育毛剤の利点は、第三者の目を気にすることなく手軽に育毛にトライできることだと考えます。ところが、これほどまでに色々な育毛剤が出回っていると、どれを手にすべきなのか迷うことになるかもしれません。
少し前までは、薄毛のフラストレーション?は男性特有のものと思われることが多かったのです。けれども今日では、薄毛であるとか抜け毛で落ち込んでいる女性も少なくないそうです。

生え際の育毛対策の為には、育毛剤を通じての毛髪自体へのアプローチは当たり前として、栄養素を含んだ御飯類とか健康食品等による、内側からのアプローチも必要だと断言できます。
育毛シャンプーをしばらくだけ使ってみたい方や、前から用いているシャンプーと取り替えることに疑問を持っているという用心深い方には、小さな容器のものがあっていると思います。
頭皮を清潔な状態で保てるようにすることが、抜け毛対策にとりましてははずせません。毛穴クレンジングないしはマッサージを代表とする頭皮ケアを見つめ返して、平常生活の改善を意識してください。
AGAはたまた薄毛を回復させたいなら、普段の悪癖を直したり、栄養成分の補給も要されますが、そこだけを意識していても、育毛・発毛はできないでしょう。裏付のある治療と相まってこそ、育毛・発毛を促すことが可能なのです。
たまに言われることで、頭皮が硬ければ薄毛に見舞われやすいとのこと。習慣的に頭皮の実情をを確認して、気になればマッサージをしたりして、心の中も頭皮も柔らかくするように意識してください。

AGAに打ち勝つ秘訣…それは先ずAGAの専門の先生に相談することです

育毛剤の素晴らしいところは、第三者の目を気にすることなく手間暇かけることなく育毛に取り掛かれることではないでしょうか?ところが、これ程までにいろんな育毛剤が販売されていると、どれを買っていいのか判断付きかねます。
AGA治療に関しては、毛髪であったり頭皮は勿論、個々人の日頃の生活に適合するように、様々に加療するべきです。何を置いても、フリーカウンセリングを受けることが大切です。
毛髪を専門にする病院は、標準的な病院とは治療内容も異なっていますから、治療費も変わると言えます。AGAに関しては、治療費すべてが保険非対象になりますのでご注意ください。
人によりますが、早い方になると180日間のAGA治療を実践することで、頭髪に何かしらの変化が現れ、その他AGA治療に3年取り組んだ方の粗方が、それ以上酷くならなかったということがわかっています。
育毛剤は、少し前からかなり増えているとのことです。今日では、女性の人限定の育毛剤もあるそうですが、男性の人限定の育毛剤とほぼ一緒です。女性の方々のためのものは、アルコールが抑制されていると教えられました。

男の人ばかりか、女の人であろうともAGAで悩むことがありますが、女の人を調べると、男の人みたいに特定部分が脱毛するということはあまりなく、毛髪全体が薄毛へと進行するのが大部分です。
育毛シャンプー利用して頭皮状態を良くしても、日常の生活スタイルが悪化していると、毛髪が作られやすい状態だとは宣言できません。とにかくチェックすべきです。
頭の毛の汚れを除去するのとは違って、頭皮の汚れを落とし去るという意味合いでシャンプーをすれば、毛穴の汚れや皮脂を取り除くことができ、実効性のある成分が頭皮に染み入るわけです。
どのようにしても重要視されないのが、睡眠と運動ではないでしょうか。外部より育毛対策をするのはもとより、身体の中からも育毛対策をして、結果に繋げることが不可欠です。
若はげ対策製品として、シャンプーや健康食品などが薬局などでも売られていますが、成果が出やすいのは育毛剤だと言っていいでしょう。発毛力のアップ・抜け毛阻害を達成する為に販売されているからです。

辛い思いを隠して育毛剤を使用しながらも、心の奥底で「どっちみち毛が生えてくるなんてありえない」と言い放ちながら利用している方が、大部分だと教えられました。
シャカリキになって髪の毛をキレイにしている人を見ることがありますが、その方法は髪の毛や頭皮が傷を負うことになります。シャンプー時は、指の腹にて洗髪することに意識を集中してください。
自分一人で考案した育毛に取り組んできた結果、治療に取り掛かるのが遅れてしまう場合があるのです。大急ぎで治療をやり始め、症状の悪化を抑制することが必要でしょう。
元を正せば育毛剤は、抜け毛を抑制することを狙った商品です。とはいうものの、使い始めてしばらくは「抜け毛が増えた、はげが酷くなった。」と感じる方もいるとのことです。その状態というのは、初期脱毛だと考えられます。
本当に効果が見られる人も多く存在しているわけですが、若はげに繋がる原因は多士済々で、頭皮状態に関してもバラエティーに富んでいます。銘々にどの育毛剤が合致するかは、使用しないとはっきりしません。